Instagram
ピープル

大東市・野崎が好きすぎる!美人演歌歌手「十川ももこ」さん

 

今回は演歌歌手「十川ももこ」さんの取材に行ってまいりました!演歌歌手と聞いて、ご年配の方なのかな?と思い、調べてみたら、なんと若々しい美人な方なんです!実際お会いして話を聞いてみると、とても話が面白くて、ついつい喋りこんでしまいました…。

さてそんな「十川ももこ」さん、なぜ演歌歌手になったのか?ということなのですが、学生時代に、あの演歌歌手「中村美律子」さんの「人生乾杯」というお店のスタッフとして従事していて、20歳のときに演歌歌手になることを決意したそうです。しかし、プロの道はそう簡単ではなく、せっかくのメジャーデビューのきっかけも上手くいかず、諦めかけていました。その時、最愛の母親が亡くなってしまい、初めて母親が演歌歌手になる夢を応援してくれていたことを知り、再び演歌歌手になることを決意。見事半年でメジャーデビューを果たしたんです!

 

メジャーデビューを果たした、演歌歌手「十川ももこ」さん。デビュー前に掲げていた目標があったそうです。

・メジャーデビュー

・京セラドーム大阪で歌う

・冠番組を持つ

この3つなんですが、なんと現在、違う形で3つ達成しているようです!①はもちろんのことですが、②は京セラドーム大阪でオリックス・バファローズVS横浜DeNAベイスターズの交流戦で「君が代」を斉唱。③はラジオ局「だいとうFM」でパーソナリティを務めているとのこと。現在の目標は『テレビの冠番組を持つこと』で私も微力ながら応援させていただきます!

さて、そろそろ気になっている「大東市・野崎が好きすぎる」というワードですが、十川さんが数年前、大東市に引っ越しした際のことです。野崎駅出口すぐの、赤い橋「のざきばし」に一目惚れ。『ここめっちゃええやん』とそこから野崎が好きになってしまったようです。将来的には「十川ももこを育てた町」=「大東市・野崎」というくらいの看板を背負いたいんだとか。

ここまで演歌歌手としての「十川ももこ」さんを紹介しましたが、プライベートの「十川ももこ」さんは意外にプラモデルが大好きなようです。特にガンダムが大好きで、ガンプラでイベントを起こすくらいの熱量なんです。某古本屋さんでずっとガンプラを吟味していることもあるそうで、女性では珍しい趣味と思っていましたが、「十川ももこ」さんによると最近はガンプラ女子というものが増えているみたいです。他にもアニメや漫画も大好きなようで、主題歌を演歌でカバーした動画がアップされるかも…?

とても親しみやすく面白い方なので、演歌好きはもちろん、アニメやガンプラが好きな人も1度聞いてみてはいかがですか~

 

十川ももこ

  

☆メジャーデビューシングル「なにわ色街思い出横丁」全国で発売中!
☆野崎を舞台にしたデジタル配信曲「恋猫参道」YouTubeにてMV無料公開中。チャンネル登録もよろしくお願いします!
⇒【このコロナ禍で、みんながおうちで口ずさめるものを作りたい】という思いで企画しました。
早く夜の街が再び盛り上がってほしいという思いを込めています。

☆十川ももこファンクラブ「十川ももこみまもり隊」発足準備中。

十川ももこオフィシャルサイト

https://togawamomoko.com/

公式インスタグラム

https://www.instagram.com/togawamomoko/

大阪産業大学 那良 龍之助

この記事はこちらの総合戦略に関する記事です

ACCESS RANKING記事アクセスランキング

Instagram